· 

ケビンクライミング部 活動報告② 

雨と涙とマッドロックセッション

こんばんわマッドロックスタッフ兼、ケビンクライミング部で部長を務めていますケビンです。

 

本日は11月4日(日)に行いました第二回目となるケビンクライミング部の活動報告をしたいと思います。

 

今回はクライミング部マネージャーによる挿絵付きです。

 

 

日付を見てなんとなく察してくれている方もいらっしゃるかと思いますが、、

 

悲しい気持ちは隅っこに置いておいて、楽しいことを思い出しながら実際に行った活動の内容を書いていきたいと思います。

 

 

まず、今回の部長は前回の反省(ケビンクライミング部動報告①参照)を踏まえ、お昼休憩とトイレ休憩がスマートにとれる行程を計画しました。

 

すなわち、

 

~部長の脳内~

 

「んー、良い感じのタイミングでトイレの近くに移動する行程組って鬼むずかしいなこれ。

 

課題ハマったら時間なんてすぐ経つしなあ。

 

何か沢山参加してくれそうな感じで連絡きてるし、、

 

わっ。

 

しかもみんなグレードバラバラだわこれ。

 

つ、つんだ?

 

、、

、、、

 

ん、あれ?

 

まてよ。

 

計画通りに移動できるか分からなくてトイレが遠くなるくらいなら、トイレの近くの岩で午前中を過ごせばいいんじゃないかコレ。

 

よし!

 

これしかない!

 

午前中はトイレから離れないで登ろう!」

 

 

はい。

 

そうです。

 

実はトイレありきの行程だったんですね。

部員の皆さんも今知ったのではないでしょうか?

 

がっかりしないで下さいね。

トイレ大事だから。

 

おなか限界の時にトイレまでアプローチ20分とかいやでしょ?

 

前置きが長くなりましたが、気を取り直して。

前回の報告同様に上記のような前回の反省点をも抑えた部長の完璧な皮算、、計画を紹介してから実際の流れと比較していこうと思います。

はい。

 

と、言うことで。

まずは前回と同様に今回の活動予定を見てみましょう。

 

-------------------------------------------------------------------

9:30-9:40

 集合後人数確認

 

9:40-9:50

 目的の岩へ移動

 

9:50-10:10

 ルールやマナー、安全上の注意についてのレクチャー

 

10:10-16:00

実際に岩を登りながら安全な登り方や安全な降り方、スポットの練習

 

(デラシネボルダー、マミ岩、白狐岩、鵜の瀬岩周辺、とけたソフトクリーム岩の順で回る)

 

 様子を見てお昼休憩を挟み

 

16:00

 現地にて解散

 

-------------------------------------------------------------------

このように、前回の予定を見てくれた方はだいぶシンプルな行程になっているのが見て取れると思います。

 

特に移動距離の短縮とトイレの位置に沿った移動を行うことにより、一つの岩にかけられる時間が大幅に増える計算です。

 

更に、幅広いグレードのクライマーが比較的近い範囲で楽しむことが出来る岩をピックアップすることで参加人数が増えても対応が可能な完璧な予定!

 

よし!

これでかつる!!

 

 

完全に部長には成功が見えてきたところで、実際の一日の流れを見ていきましょう。

 

 

まず岩場に8:30に着いた部長はやる気満々でストレッチです。

 

9:30に皆さんを駅に迎えに行き、予定通り9:40には目的の岩へ到着。(完璧です。)

 

9:50~今回初めて参加される部員を対象に、レジュメを使った外岩のルールやマナーをレクチャー。

 

滞りなく進みます。

 

 

 

 

10:10いよいよ実際に登りながら、着地の練習やスポットの勉強です。

 

良い感じです。

 

トポの見方も勉強です。

足のおき方もジムとは違います。

着地もジムより慎重に

ジムではできないマントルも練習します。

完璧です。

 

そう。

 

 

ここまで完ぺきでした。

 

 

 

ここまでは、、、

そうなんです。

 

はい、部長さんうすうす気づいていて、見ないふりしてたんですが。

 

雨降ってます。

 

完全に。

 

あっという間にびちょびちょになった岩をみて避難

この切ない雰囲気。

はい!

しゅーーーーーーりょーーーーーっっっ泣!!!!!

 

、、

 

、、、

 

、、、、

ダメです。

あまりに悲しすぎます。

 

だって、まだ1時間くらいしか登ってないもの。

 

そう。部長さん転んでもただでは起きません。

 

これをいい機会とばかりに、かねてより構想があったケビンクライミング部室内トレーニング編プロトタイプを実行。

 

部員のSさんが元ダンス経験者ということを聞きつけた部長が、その姿勢維持のトレーニング方法をクライミングにも生かせないかと思い立ち、この機会にお試しで地味練開始。

 

流石にじみーな体幹トレーニングだけでは飽きるので部長や部員の皆さんの即席課題でセッションを行いました。

 

部活終了後の中華は美味しかったけれど。

つぎははれるといいなあ。

そんなどたばたの第二回ケビンクライミング部の活動でありました。

 

次回開催は11月18日(日)です。

そう。

もう今週です!!

 

雨降ったらどうしよ~

 

参加希望の皆さん。

どうか決死の晴乞いをお願いします。

 

 

以上、ケビンクライミング部活 第二回動報告

雨と涙とマッドロックセッションでした。

 

 

活動に興味のある方は

クライミングジムマッドロック受付前のポスターから部員登録をお願い致します。

 

ケビン部長