OUR ATHLETE TEAM

Professionals Comp-Athletes

DSC08869_1000x.jpg
ミカエル・マエム(フランス)
MICKAEL MAWEM

ボルダリングのフィジカルモンスター。TOKYO2020オリンピックではファイナリストとして大会を盛り上げました。フランスでボルダリングジムを運営中。次のパリ2024オリンピックを目指し鍛錬中。

6th: IFSC EUROPE - CONTINENTAL CUP (B) - PRAGUE (CZE) 2022

11th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (B,L,S) - MOSCOW 2021

5th: OLYMPIC GAMES (C) - TOKYO (JPN) 2020

5th: ANOC WORLD BEACH GAMES (B) - DOHA (QAT) 2019

1st: EUROPEAN CHAMPIONSHIP (B) - ZAKOPANE (POL) 2019 

1st: INTERNATIONAL CLIMBING SERIES - CHINA OPEN - GUANGZHOU (CHN) 2018

7th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - HACHIOJI (JPN) 2018

6th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MUNICH (GER) 2018

4th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - HACHIOJI, TOKYO (JPN) 2017

DSC09260_1000x.jpg
バッサ・マエム(フランス) BASSA MAWEM

​ヨーロッパが誇るスピードマイスター。2019の世界ランキング1位で、数々の世界大会でワールドレコードを更新してきました。オリンピックにも出場。大怪我を克服してコンペ界に復帰しました。ミカエル選手は弟。

5th: IFSC EUROPE - CONTINENTAL   CHAMPIONSHIPS (B,S,L) - MUNICH   (GER) 2022

2nd: IFSC EUROPE - CONTINENTAL   CUP (L,S) - ŽILINA (SVK) 2022

8th: OLYMPIC GAMES (C) - TOKYO   (JPN) 2020

2nd: IFSC EUROPE - CONTINENTAL   CUP (S) - GAFLENZ (AUT) 2021

1st: IFSC CLIMBING WORLD CUP   2019  Ranking

4th: IFSC COMBINED QUALIFIER -   TOULOUSE/TOURNEFEUILLE (FRA)   2019

5th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (L, S) - XIAMEN (CHN) 2019

2nd: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B,S) - WUJIANG (CHN) 2019

1st: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B,S) - MOSCOW (RUS) 2019

23167830_1586608641378533_5638804061895079457_n.jpg
ヤン・ホイヤー(ドイツ)
JAN HOJER

ドイツの人気カリスマ・アスリート。ワールドカップ表彰台の常連として多くのコンペティターに影響を与えてきました。TOKYO2020オリンピックにもドイツ代表として挑み、この度一年間のブランクを経てコンペ復帰を発表。

4th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (B,L,S) - MOSCOW 2021

12th: OLYMPIC GAMES (C) - TOKYO (JPN) 2020

5th: IFSC COMBINED QUALIFIER - TOULOUSE/TOURNEFEUILLE (FRA) 2019

11th: IFSC CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS - HACHIOJI (JPN) 2019

4th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - VAIL (USA) 2019

3rd: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MUNICH (GER) 2019

6th: IFSC CLIMBING WORLD CUP   2019  Ranking 2019

3rd: IFSC CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS COMBINED - INNSBRUCK (AUT) 2018

Alexey.jpg
アレクセイ・ルブツォフ(ロシア)ALEKSEY RUBTSOV

​長らく欧州のボルダリングコンペ覇者として君臨。コーチも不要とするそのストイックな姿勢はサイボーグと評されます。オリンピックにも出場。現在クライミングジムのプロデュースも行っています。

4th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (B) - MOSCOW 2021

13th: OLYMPIC GAMES (C) - TOKYO (JPN) 2020

7th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - INNSBRUCK (AUT) 2021

1st: IFSC EUROPE - CONTINENTAL CHAMPIONSHIPS (B,C) - MOSCOW (RUS) 2020

4th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MUNICH (GER) 2019

5th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - CHONGQING (CHN) 2019

7th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MEIRINGEN (SUI) 2019

2nd: INTERNATIONAL CLIMBING SERIES - CHINA OPEN  - GUANZHOU (CHN) 2018

1st: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - HACHIOJI, TOKYO (JPN) 2017

1st: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MEIRINGEN (SUI) 2016

1st: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - MUNICH (GER) 2015

145785845_2554346168198207_1191213406914336861_n.jpg
ビクトリア・メシュコバ(ロシア)VIKTORIIA MESHKOVA

彗星のごとく現れ2018年までユースで活躍した後、国内トップに立ちワールドカップや欧州カップで実力を開花させています。オリンピック代表の座を獲得したニューホープ。

9th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (B) - MOSCOW 2021

9th: OLYMPIC GAMES (C) - TOKYO (JPN) 2020

4th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - INNSBRUCK (AUT) 2021

1st: IFSC EUROPE - CONTINENTAL CHAMPIONSHIPS (B,C) - MOSCOW (RUS) 2020

5th: INTERNATIONAL CLIMBING SERIES - CHINA OPEN - GUANGZHOU (CHN) 2019

4th: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - MOSCOW (RUS) 2018

5th: EUROPEAN YOUTH CHAMPIONSHIP (L) - IMST 2018

2nd: EUROPEAN YOUTH CHAMPIONSHIP (L) - EDINBURGH (GBR) 2015

土肥圭太2022.jpg
土肥圭太(日本)                         KEITA DOHI

ユース国内外の大会で活躍したのちプロに転向。日本代表として世界戦に挑んでいます。ワールドカップ入賞やオリンピック代表を目指し日々鍛錬中。

12th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - SALT LAKE CITY (USA) 2022

6th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - SEOUL (KOR) 2022

9th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - MEIRINGEN (SUI) 2022

2th: 第15回ボルダリングジャパンカップ2022

1st: 第2回スピードジャパンカップ2020

10th: IFSC COMBINED QUALIFIER - TOULOUSE/TOURNEFEUILLE (FRA) 2019

4th: 第2回コンバインドジャパンカップ

1st: INTERNATIONAL CLIMBING SERIES - CHINA OPEN - GUANGZHOU (CHN) 2019

5th: IFSC CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS - HACHIOJI (JPN) 2019

4th: IFSC CLIMBING WORLDCUP (B) - WUJIANG (CHN) 2019

3rd: 第14回ボルダリングジャパンカップ2019

2nd: ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2019

2nd: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - INNSBRUCK (AUT) - 2017

1st: ASIAN YOUTH CHAMPIONSHIPS - SINGAPORE (SGP) 2017

1st: IFSC WORLD YOUTH CHAMPIONSHIPS - GUANGZHOU (CHN) - 2016

Comp-Athletes World-wide

Momoko2022.jpg
阿部桃子(日本)                         MOMOKO ABE

鋭い洞察力とセンス良いムーブで難課題をこなしていく姿が凛々しい次世代ホープの一角。特にリードでの評価が高く、国内ユース大会で活躍した後、2021年からは日本代表枠を勝ち取り、戦いの場を世界に照準を合わせました。ワールドカップや国際大会での入賞を目指し、学業と両立させながら日々トレーニングを積んでいます。

7th: WORLD GAMES (L) - BIRMINGHAM (USA) 2022

4th: FISU UNIVERSITY CHAMPIONSHIPS (L) - INNSBRUCK (AUT) 2022

8th: 第35回リードジャパンカップ

8th: IFSC YEAR WORLD-RANKING(L)

10th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (L) - MOSCOW 2021

12th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - KRANJ (SLO) 2021

11th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - CHAMONIX (FRA) 2021

4th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - VILLARS (SUI) 2021

13th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - INNSBRUCK (AUT) 2021

5th: 第34回リードジャパンカップ2021

8th: 第33回リードジャパンカップ2020

3rd: 第8回リードユース日本選手権南砺大会2020

4th: 第19回JOCジュニアオリンピックカップ大会2016

Sam_EuroChamp2022.jpg
サム・アベゾウ(フランス)    SAM AVEZOU

ユース時代からボルダリング、リードの両方で活躍し、2022年よりフランス代表の座を獲得した新世代ホープ。ヨーロッパ仕込みの基本テクニックだけでなく現代的なフィジカルムーブも得意とします。今後の国際大会での活躍に大注目です。

2nd: IFSC EUROPE - CONTINENTAL CHAMPIONSHIPS (B) - MUNICH (GER) 2022

6th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - CHAMONIX (FRA) 2022

9th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - INNSBRUCK (AUT) 2022

1st: IFSC EUROPE - CONTINENTAL CUP (B) - KLAGENFURT (AUT) 2022

11th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - KRANJ (SLO) 2021

12th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (L) - BRIANÇON (FRA) 2020

10th: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - ARCO (ITA) 2019

1st: EUROPEAN YOUTH CUP (L) - ST. PIERRE FAUCIGNY (FRA) 2019

2nd: EUROPEAN YOUTH CUP (B) - GRAZ (AUT) 2019

1st: EUROPEAN YOUTH CHAMPIONSHIPS (B) - BRUSSELS (BEL) 2018

1st: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - MOSCOW (RUS) 2018

1st: EUROPEAN YOUTH CUP (B) - GRAZ (AUT) 2018

Kaho_WorldYouth2022.jpg
村越佳歩(日本)                         KAHO MURAKOSHI

国内初戦から好成績を収め、2022年より日本代表(ユースB)に選出されて世界戦に挑み、いきなりのダブル入賞。ボルダリング、リード共にバランスよく実力を身に付けており、今後国際舞台で最も活躍が期待される新世代ホープの一人。経験が浅いながら、既にオブザべ能力と集中力、現場処理能力には目を見張るものがあります。

3rd: IFSC - CLIMBING YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS (L) - DALLAS (USA) 2022

3rd: IFSC - CLIMBING YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS (B) - DALLAS (USA) 2022

1st: 第8回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会2022

2nd: 第10回リードユース日本選手権南砺大会2022

9th: 第7回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会2021

3rd: 第9回リードユース日本選手権南砺大会2021

2nd: 第6回ボルダリングユース日本選手権葛飾大会2020

11th: 第8回リードユース日本選手権南砺大会2020

6th: 第22回JOCジュニアオリンピック2019

6th: ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2019

7th: 第7回リードユース日本選手権印西大会2019

USA_CUP2022_3.jpg
ザック・ガラ(USA)                ZACH GALLA

2000年生まれながらユースを含めて国際大会に10戦以上の出場経験がある実力者。中々好結果を得られていませんが近年その実力を発揮し始めています。LAオリンピック出場枠を獲得する目標に向けて猛特訓中。

11th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - SALT LAKE CITY (USA) 2022

5th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (B) - SALT LAKE CITY (USA) 2021

2nd: IFSC PAN AM - CONTINENTAL CHAMPIONSHIPS (C) - LOS ANGELES (USA) 2020

4th: IFSC PAN AM - PRE QUALIFYING EVENT (C) - LOS ANGELES (USA) 2020

16th: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - MOSCOW (RUS) 2018(L)

9th: IFSC YOUTH WORLD CHAMPIONSHIPS - MOSCOW (RUS) 2018(B)

WorldCup2022.jpg
高野 正(日本)                         TADASHI TAKANO

世界に挑戦の場を広げるパラクライマー。国内大会を制し日本代表として日々トレーニングに励んでいます。実は職業が小学校の教師であり、アスリートとの両立というもう一つの大きな戦いにも挑んでいます。

カテゴリーはRP3。

2nd: IFSC - PARACLIMBING WORLD CUP (L) - INNSBRUCK (AUT) 2022

1st: パラクライミングジャパンシリーズ第1戦ーRP3

9th: IFSC PARACLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS - BRIANÇON (FRA) 2019

1st: パラクライミング日本選手権大会2019 -RP3 

292025477_777183339972698_5306608983747002015_n.jpg
ジョン・ブロスラー(USA)   JOHN BROSLER

全米大陸No.1のスピードスター。5.2のタイムレコードを持ち、2022時点で世界ランキング4位。

5th: WORLD GAMES (S) - BIRMINGHAM (USA) 2022

7th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (S) - VILLARS (SUI) 2022

6th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (S) - SALT LAKE CITY (USA) 2022

5th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (S) - SALT LAKE CITY (USA) 2022

1st: IFSC PAN AM - CONTINENTAL CHAMPIONSHIPS (S) - IBARRA (ECU) 2021

6th: IFSC - CLIMBING WORLD CHAMPIONSHIPS (S) - MOSCOW 2021

4th: IFSC - CLIMBING WORLD CUP (S) - SALT LAKE CITY (USA) 2021

1st: IFSC PANAMERICAN CHAMPIONSHIP (S) - GUAYAQUIL (ECU) 2018

Rock Climbing Professionals Athletes

Ethan.jpg
イーサン・プリングル(USA)    ETHAN PRINGLE
Ethan Pringle -.jpg
多くのハイエンド ボルダー、スポーツ ライン、トラッド クライミング、ビッグ ウォールを登っており、ロック クライミングのさまざまな分野に精通していることでよく知られるオールラウンダー。
1986 年にカリフォルニア州サンフランシスコで生まれたイーサンは、8 歳のときにクライミングを始めました。明らかなキャリアはスポーツクライミングコンペに始まり、1998 年までに、イーサンはジュニア ナショナル チャンピオンになり、US ジュニア クライミング チームのメンバーに選ばれました。1998 年から 2001 年までの 3 シーズン連続で、リードで国内無敗を誇り、国際ジュニア チャンピオンも獲得し、2000 年のユース世界選手権で銀メダルを獲得しました。
アウトドアクライミングでは、12 歳で最初の 5.13 (7c+) を記録し、13 歳で最初の 5.14 (8b+) を記録し、それ以来、5.13、5.14、5.15 ルート (7c+ から 9b) を数百回完登しました。その後は5.14a/b (8b+/c) の登攀に成功し、更に5.14d (9a) のルートの初登を達成しました。ビショップでの 5.14+/8c+/9a) 、中国の陽朔でのスパイシー ダンプリング(5.14d/9a)、 Blackbeard's Tears (5.14c/8c+) の最初のフリー登頂が際立っています。 
レッドポイントの業績も同様に印象的です。2007 年、イーサンは、Ceüse でRealization/Biographie (5.15a/9a+)の 5 回目の (そして当時最速の) 完登を達成し、トップ クライマーとしての地位を確固たるものにしました。その後の数年間、彼はシウラナのラ レイナ モラ (5.14d/9a) 、レッド リバー ゴージュのゴールデン チケット(5.14d/9a)、セユーズでのル カドル ヌーベル バージョン(5.14d/9a)、 Flatangerの Thor's Hammer (5.15a/9a+)の完登を達成しました。
2015 年には、遂にネバダ州のクラーク マウンテンにおいてクリス・シャルマに次ぐ第2登目の『ジャンボ ラブ』5.15b (9b) の完登に成功しました。
トラッドクライミングでは、2013 年グリーンランドへの 40 日間の遠征で、南東海岸の花崗岩の未踏峰の 1000 メートルの初登ルートをマイク ・リベッキと共に3 日間眠らずに挑んで達成。
レイク ルイーズのソニー ・トロッターの有名なルートThe Path (5.14-/8b+/c R) を完登し、スコーミッシュではCobra Crack (5.14b/8c)の 第3 登目の登頂を達成しました。コロラド トラッドのテストピースであるチャイナ ドール(5.14a/8b+) とアイアン モンキー(5.14a/8b+) 、カリフォルニア州のブラックビアード ティアーズ(5.14c/8c) のフリースタイルによる初登も成し遂げています。
更に、ザイオンでのムーンライト バットレス(5.12/7b+、エルキャピタンでは10 ピッチのフラッシュ アセントや、35 ピッチのフリーライダー(5.13 a/7c+) を、Huber Boulder Problemを除く全てのピッチを36 時間のプッシュでフラッシュしました。 
 
​主な実績

<Bouldering>

The Wheel of Life V15 (8C)

The Nest V15 (8C)

Kintsugi V15 (8C)

Red Rocks V14 (8B+) First Ascent

Slashface V14 (8B+) (First Ascent by Fred Nicole)

Meadowlark Lemon V14 (8B+) (First Ascent by

                                           Paul Robinson5.15b (9b)

<Sport Climbing>

  5.15b (9b)

Jumbo Love: 5.15b (9b), May 18, 2015. First Repeat.

(First Ascent by Chris Sharma September 11, 2008.

  5.15a (9a+)

Biographie: 5.15a (9a+). Fourth Repeat (First Ascent by Chris Sharma July 2001.)

Thor's Hammer: 5.15a (9a+). Fifth Ascent.(Repeated just one day after Daniel Woods got the fourth ascent

  5.14d (9a)

Everything is Karate: 5.14c/d (8c+/9a), April 22, 2017.

  First Ascent.

Spicy Dumpling: 5.14d (9a), December 20, 2010. First Ascent.

La Reina Mora: 5.14d (8c+/9a), March 13, 2016.( First Ascent by Ramon Julian 2008.)

 

<Traditional Climbing>

Blackbeard's Tears: 5.14c (8c+), September 21, 2016. First Free Ascent.

<On Sight>

Iron Man: 5.14b (8c).

Moonlight Buttress: 5.12c (7b+).

​​

Matt_Fultz.jpg
マット・ファルツ(USA)        MATT  FULTZ

インディアナ州インディアナポリスで生まれ育ったファルツは、11歳の時父親に連れられて訪れたスポーツ用品店の小さなクライミングウォールを見つけて体験したのがきっかけでした。ファルツ少年はすぐにその魅力に取りつかれ、それに気付いたショップのオーナーは彼をより大きなジムであるクライムタイムインディに案内しました。3 か月後、マットは最初のクライミング コンペティションに参加し、その1 年後にはグラディ バグウェルと同列になり、地域の年齢層で トップになりました。 マットが 12 歳か 13 歳のとき、彼のクライミングへの関心をサポートするため、父親はボイジー近くのアイダホ州ナンパに家族で引っ越すことにしました。「息子がスネーク川のほとりにある玄武岩の岩場であるスワン フォールズを、そこに住んでいた 5 年間で 300 回以上訪れたよ」と回想します。

2004 年、13 歳のとき、Matt はスポーツ クライミングの USA Climbing Nationals でユース男性 C (彼の年齢グループ) で金メダルを獲得しました。そして14 歳の誕生日の 1 か月前に、彼はユタ州ローガン キャニオンのチャイナ ケーブでブラックアウト(5.13d/5.14a) を完登しました。翌年、彼は男子 B レベルのナショナルズでは 3 位になり大いに活躍しました。

しかし高校では、従来のスポーツに傾倒し、トラック競技のスプリンターや、コロンビア ハイ フットボール チームの重要なポジションとなり、オフェンス チーム、ディフェンス チーム、特別チームでプレーしました。それでアイダホ大学に進学し、トラック奨学金を受け取りました。しかし、彼はハムストリングの怪我に悩まされ、1学期の終わりにはトラックスポーツをやめ、結局クライミングに戻ることになります。

2010 年、大学入学の翌年の夏、彼はソルトレイクシティで開催されたアウトドア リテーラーのサマー コンベンションで、ユナイテッド ボルダリング チャンピオンシップの出場資格を得ました。彼は決勝に進出し、リムジンに乗り、何百人もの人々の前でクリス・シャーマやダニエル・ウッズと競い合いました。「それは私にとって本当にワイルドな経験でした」と彼は思い出します。「うん、これをもっとやりたい」と思いました。

そうして、その後アイダホ州の大会では無敗の選手となり、遂に2017 年から 2019 年の期間には米国代表チームの資格を得ました。運動科学の学位を取得して大学を卒業したファルツは、ソルトレイクシティに移り済み、そこで人気ジムの『ザ・ フロント』でコーチを務め、文字通り競技としてのスポーツクライミングに没頭していました。2018 年には USA Climbing の『オープン ボルダリング ナショナルズ』で 4 位を獲得。アメリカ代表として、2019 年にベールで開催された『IFSCボルダリング ワールド カップ』に出場し、結果は 20 位でした。しかし、このシーズンを終えて、彼にとって競技の魅力は薄れてしまいました。 「私は今でも大会観戦を楽しんでいますが、卒業した後の高校時代を訪れたような気がしました」と彼は言います。「『ああ、ここは私にとっての場所だったが、もうそうではない』というような感じです。」

そして「大会のためのトレーニングは非常にベーシックなのですが、実際に必要なのはその逆で、万遍なくすべての準備をしたかったです。一方でこれはそれ自体が優れたスキルですが、屋外のプロジェクトの限界を押し上げるには向いていませんでした。」と語ります。ファルツの中のクライミングは、屋外のロッククライミングを抜きには存在しえないのです。

 

ファルツの持つ実績はとてもアクティブな印象を受けますが、いつも冷静としか言いようのない態度で物静かな人物です。話し方は小声で、会話が途切れても気にしないほど。彼のテクニックやコーチングについての考えについて説明を求められると、彼は静かで理にかなった方法で説明し、アイデアのあらゆる側面を提示するような聡明さを持ち合わせています。

 パンデミックの大変な状況下だった2021年のシーズン、ファルツはSleepwalker V16、Grand Illusion V16、Creature from the Black Lagoon V16、Hyponized Minds V16 のリピート(再完登)を成し遂げ、既にダニエル・ウッズやジミー・ウェッブに並ぶ世界最強ボルダラーの称号候補に躍り出ました。V16課題の5本のほかにもInsomniac V16のような難しいリピートにも挑戦していること、既にV14とV15のレベルで合計20課題、V12とV13の間で24課題以上を登っており、特にSleepwalker and Squoze V14 と Trieste V14 を一日で完登したことを考えると、ファルツには Return of the Sleepwalker V17 を登る能力があるのではないかと目されています。

主な実績

Sleepwalker (V16)

Grand Illusion (V16)

Creature from the Black Lagoon (V16)

Hyponized Minds (V16)

Brace for the Cure (V16) *First ascent

Blade Runner (V15)

The Kingdom (V15) 

The Nest (V15) 
Traffic (V15)
The Game (V15)
Delirium (V15)
Death Star (V15)
Undertaker (V15)
Warp Speed (V15)
Sound of Violence (V15)

Pegasus (V15)

Echalo (V15)

Railway (V15)

Warp Speed (V15)

Ill trill (V14)

Writhe and Shine (V14) *First Ascent

Never Ending Story (V14)

New Base Line (V14)

Esperanza (V14) 

House of Doom(V14)

Mind to Motion (V14) 

Sleepwalker V16 & The Nest V15, Others

Brace for the Cure V16 -First Ascent

Comp-Athletes Domestic

Yosui2022-2.jpg
笹原蓉翠(日本)                         YOSUI  SASAHARA

2008年生(東京都)

モチベーションの高さは随一。国内公式戦の出場権を得て、各種コンペに挑んでいます。ボルダリングだけでなくリードにも取り組み、目下ユース国内および国際大会のトップを目指し日々意欲的にトレーニングを行っています。

10th B: 第8回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会 2022年6月

29th L: 第10回リードユース日本選手権南砺大会 2022年5月

34th B: 第1回ユースフューチャーカップ 2021年11月

18th B: 第6回ボルダリングユース日本選手権葛飾大会 2020年11月

10th L: 第8回リードユース日本選手権南砺大会 2020年10月

Marin_2022.jpg
中村まりん(日本)                    MARIN  NAKAMURA

​2010年生(茨城県)

地元レジェンドクライマー達に憧れて始めたクライミング歴は、まだ3年ながら既にコーディネーションからランジまで全領域でマスターしており、持ち前のパワフルなムーブで人々を魅了するスーパーキッズ。​ホームジムはアオロクを中心に、都内の人気ジムへも頻繁に出稽古中。メキメキと実力を向上させています。外岩では若干11歳で

二段を完登。

4th B: 第1回ユースフューチャーカップ 2021年11月

3rd: 第7回関東小中クライミング大会
・小川山 モルボル初段 完登
・湯河原 Wプロジェクト2段 完登
・湯河原 サブウェイ 2段 完登

156969814_1043332012742985_678315946809138265_n.jpg
竹田創(日本)                          HAJIME TAKEDA

2002年生(東京都)

国内ではボルダリングユース日本選手権やリードユース選手権で活躍し、第1回スピードジャパンカップを皮切りにスピード種目を軸に頭角を現し始め世界ユース選手権やアジアユース選手権で優秀な成績を残しました。

第1回スピードユース大会を制し、第3回スピードジャパンカップで準優勝。2019世界ユース選手権ではコンバインドで準優勝を果たし、日本代表としてIFSCワールドカップの舞台で挑戦を続けています。出身は仙台、東京で大学に通いながら活動しています。

40th: S IFSC クライミング・ワールドカップ(S)ソルトレイクシティ 2022年

30th: S IFSC クライミング・ワールドカップ(S)ソルトレイクシティ 2022年

5th: S IFSC 世界ユース選手権 ヴォロネジ 2021 ロシア

30th: S IFSCクライミングワールドカップ(S)ヴィラール2021 スイス

23th: L IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019 イタリア

3rd: B IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019 イタリア

8th: S IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019 イタリア

2nd: C IFSC 世界ユース選手権 アルコ 2019 イタリア

2nd: S au SPEED STARS 2019 

Sora2022神奈川カップ.jpg
伊東 そら(日本)                       SORA  ITO
IMG_E2674.JPG
坂井絢音(日本)                         AYANE SAKAI

​2005年生(神奈川県)

クライミングをはじめて間もない2018年には倉吉市で行われたボルダリングユース大会で堂々の準優勝を遂げました。地道にコンペ用トレーニングに取り組み続け、大会には意欲的に出場。ボルダリング、リード共に実力を発揮し始めています。

7th: B 第8回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会 倉吉(日本) 2022年

12th: L 第10回リードユース日本選手権南砺大会 南砺(日本) 2022年

10th: B 第7回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会 倉吉(日本) 2021年

10th: L 第9回リードユース日本選手権南砺大会 南砺(日本) 2021年

7th: B 第6回ボルダリングユース日本選手権葛飾大会 葛飾(日本) 2020年

19th: L 第8回リードユース日本選手権南砺大会 南砺(日本) 2020年

18th: C 第2回コンバインドジャパンカップ 西条(日本) 2019年

19th: B ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2019 倉吉(日本) 2019年

19th: L 第7回リードユース日本選手権印西大会 印西(日本) 2019年

12th L 第21回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺(日本) 2018年

2nd: B ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2018 倉吉(日本) 2018年

8th: L 日本ユース選手権リード競技大会 2018 印西(日本) 2018年

14th: L 第20回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺(日本) 2017年

7th: B ボルダリングユース日本選手権鳥取大会2017 倉吉(日本) 2017年

​1996年生(東京都)

ユース時代から選手として活躍し、国内はもちろん国際大会にも数多く出場した経験を持つ実力者。出身地である埼玉県の国体代表としても長期に渡り代表の座を守り続け、活躍しています。ジムスタッフを生業とする側ら、近年はルートセッターとしての評価も高まっています。

9th: B 第13回ボルダリングジャパンカップ一般参加選手選考会 名古屋 2017年12

6th: L 第31回リードジャパンカップ 西条 2017年6月

3rd: L 第18回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2015年8月

2nd: L 第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2014年8月

4th: L クライミング・日本ユース選手権2014 印西 2014年3月

2nd: L 第16回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2013年8月

3rd: L 第15回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2012年8月

2nd: L JFAユース選手権2012 印西 2012年3月

7th: L 第14回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2011年8月

3rd:  L JFAユース選手権2011 印西 2011年5月

5th: L 第13回JOCジュニアオリンピックカップ大会 南砺 2010年8月