Official Ambassador

Climbing is Our Passion

Family Owned and Climber Operated

_MG_3529.jpg

フィロソフィー

マッドロックは2002年、一クライマーが経営し運営する小さな会社として、革新的で高度な技術を備えた、手ごろな価格のクライミングシューズを提供したいという願いから始まりました。それから長い年月を経て100万足を超える販売を成し遂げた今でもその功績を振り返ることなく、また栄誉に安住することを選びません。なぜなら私達の最高のシューズは常に次のステップの基準となるに過ぎないからです。        

私たちの「イノベーション」とは単なるキャッチフレーズではありません。日々挑戦する事にほかなりません。この精神に基づいて、消費者の要求に応えるために最新の素材と技術を採用し、高品質で革新的な製品を維持する事で私達を世界中のクライマーに知らしめたのです。私達は常にクライミングは全ての人が楽しむべきものだと考えており、「最高のギアを適正な価格で提供すること」で実現するのを目指しています。アドバイザーやアンバサダーはその精神を具現化し、知らしめる重要な役割だと考えています。彼らに出会う機会があれば、是非声を掛けてマッドロック製品について話を聞いてみてください。

チーム

Obe2.jpg

オビ・キャリオン / Obe Carrion

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アドバイザー/商品企画

:西海岸をベースに、クリス・シャルマやジェイソン・キールらと共に90年代のボルダリングシーンを牽引し盛り上げたレジェンドの一人。

その後はコーチ業に転身し、初期の白石阿島を育てたことでも知られます。現在はNY中心のイーストコーストでプロフェッショナル・コーチとしてキャリアを積んでいます。大ヒットモデルのマッドロック「レッドライン」のデザイニングを担当しました。

IMG_5283_edited.jpg

山内祐樹 / YUKI YAMAUCHI

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アンバサダー

:コンペティターとしてリード、ボルダリングを問わず多くの国内ユース大会や県大会などで活躍し、2012年からはジャパンカップに的を絞り、実に2019年大会まで毎年本戦出場の偉業を果たしました。その後プロルートセッターの道を歩み、老舗の「エナジ―クライミングジム」スタッフを経て、先鋭的なルートセットのジムとして定評のある「マーブ―」のスタッフとなりました。現在、独立して次の新天地に向けて充電中。ワールドカップでも活躍した山内誠氏とは双子の兄弟です。

カオリン_edited.jpg

細野かおり / KAORI HOSONO

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アンバサダー

:クライミングジムスタッフを経て、フリーのインストラクター、クライミングの伝道師として全国で活躍。現在はジムの施工会社専属として、クライミングのイベントや、設計・施工・ホールドの仕入れから取付・運営のアドバイス等、 クライミングに関わる業務全般に携わっています。

2009年頃から国内ボルダリング大会に出場し、日本代表選手としてワールドカップにも数多く出場した経験を持ちます。華やかで可憐な容姿と、細やかで理論的なインストラクションは定評があり、全国にファンがいます。

箭内2_edited.jpg

箭内洋平 / YOHEI YANAI

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アンバサダー

:フリーランスのクライミングインストラクターとして多方面から人気を博しています。海外でのクライミング生活と並行して、学生時代からピラティスやコンディショニングの勉強をし、怪我のないクライミングライフを広める事を目指しています。

現在、複数のジムにてスクールやインストラクションを開校しており、ボルニ―の中嶋氏と共に「まぶしセット」も行っています。クライミング技術だけにとどまらない、ピラティスなどを取り入れた複合的なインストラクションに定評があります。

max1_edited.jpg

柴田晃一 / KOICHI SHIBATA

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アドバイザー/アンバサダー

:「クライミングスポットまっくす」オーナー兼プロフェッショナル・ルートセッター。全国を飛びまわる人気者。クライミングアスリートとしての実績も豊富で、かつて神童と呼ばれ、ユース代表として国際大会などへも遠征し培った実力と経験は折り紙付きです。スラブのエキスパートとしての呼び声も高く、外岩クライミングも大好物。そして近年はインストラクターとしても評価が高まっています。クライマー仲間からの愛称はMAX。実は国内初のハイライン(高所スラックライン)を達成したという伝説を持つ異色の一面もあったりします!

NKJ2_edited.jpg

中嶋拓哉 / TAKUYA NAKAJIMA

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アンバサダー

:クライミングジムVOLNYのオーナーでルートセッターとしても活躍中。2009~2014年の期間にはコンペティターとしてジャパンカップ等に挑戦していました。外岩フリークでもあり、ルートセットの嗜好も小型のカチホールドを中心とした「まぶしセット」に傾倒しています。特に「パズルセット」と呼ばれる隙間なく埋め込んだまぶしセットはもはや芸術の域。現在はホールドの作成にも取り組み、自身のセットに最適なシェープを採用した作品は他のジムセッター達にも大好評です。

藤本1_edited.jpg

藤本雄太 / YUTA FUJIMOTO

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

アンバサダー

:ボルダリングではフィジカル系を得意とする、プロフェッショナル・ルートセッター。関西圏を中心に活動中で、スポーツクライミング競技C級審判員や日本山岳協会公認C級競技ルートセッターの資格を有するライセンスセッターです。

多くの営業ジムのセットのほか、国体地区予選大会、ジャパンカップ選考大会、およびリードジャパンカップ選考大会、ジャパンツアーなどの公式戦のルートセッターとしても活躍中です。